品川で受けたワキガ治療に満足

先輩に言われたのがきっかけ

自分がワキガだと知ったのは高校時代のことです。
それまでも臭いについて周囲から避けられていたのかもしれませんが、高校時代の部活動の先輩から、臭いについてはっきりと指摘を受けてしまいました。
実家の家族からは何も言われてなかったことや、それまで友達からも指摘されたことがなかったため、先輩からの指摘は本当にショックでした。
帰宅してから母に聞いてみると、やはり私がワキガなのは本当で、かわいそうだから黙っていたと言われたのも重ねて衝撃でした。
ワキガ治療について調べ始めたのはこの時のことです。
私が高校生だった当時は、ワキガ治療はあまり一般的ではなかったと思います。
場当たり的にデオドラントスプレーをかけてみたり、ミョウバンを使ってみたりと自分なりに試しました。
洗濯にも気遣うようになったことから、指摘を受ける前よりは臭いがずっとましになりました。
大学に入ってアルバイトをするようになると、もっと本格的な治療がしたいと思うようになりました。
デオドラントスプレーでは限界がありますし、とにかく毎日自分の体臭が気になって仕方がないのです。
それほど酷くはないし気にしなくていいと言ってくれる友人もいましたが、特に夏場は自分から酷い臭いがしていることが判るようになりました。
人間とは不思議なもので、指摘を受けるまではまったく感じなかったのに、他人から言われた途端に気づくようになったのです。

先輩に言われたのがきっかけ : お金を貯めて治そうと思った : もう周りを気にしなくて良い